【TOMまつを】常に楽しむために

DSC04945

おはようございます。TOMです。

本日、朝8時の東京の気温は6.6度。更に冷え込みましたね。冬生まれのくせに寒さはどちらかというと苦手ですが、これからの数ヶ月、冬なりの楽しみを見つけて行きたいと思います。皆様、いかがお過ごしでしょうか。。。

楽しさの分類

私自身、音楽は「楽しむ」事が一番の本質だと思っています。楽しめないときはかなりの問題意識を自分に感じてしまいます。そして、人にも「楽しむ事が一番大切!!」とつい語ってしまいます。そうはいいながらも、自分自身、楽しくないと感じるときもありますし、その感覚を改善するためにはどうしたらいいかと、日々考えている事でもあります。現状の私の認識は、楽しさに幾つかの分類があり、その分類をしっかり認識しておく事で、何が楽しくないのかを改めて考え直すようにする、そして、それらを改善して楽しさを再認識するという課程を日々繰り返しています。
ちなみに、私にとっての楽しさの分類を、幾つかピックアップしてみると、、、

  • 初めて、もしくは久しぶりに体験する楽しさ(喜び)
  • 自分自身の技術が向上していく楽しさ(喜び)
  • 本質に近づけたときに感じる楽しさ(喜び)
  • 似た感覚を持った人と、その感覚を共有できる楽しさ(喜び)

他にも様々な楽しみが、私の中にありますが、今日のところはこんな感じで。これって音楽に限らず、私にとっては、遊びや料理、すべてにおいて共通して言える事です。ちなみに創作における楽しさもあるのですが、私の中でちょっと別格で特殊なので、また別の機会に触れたいと思います。

楽しくないときって?

ちなみに上でピックアップした中で、私がふと楽しくないと感じてしまうときを以下にまとめてみました。

初めて、もしくは久しぶりに体験する楽しさ(喜び)
未体験の事をやってみるというのは、基本楽しいです。まあ、バンジージャンプなんかはあまりやろうと思いませんが。。(笑)
ただ、これらは一定時間が経つと「飽き」の感覚が襲ってきます。私的に「飽きた」と感じる物は、ただの未体験のものに触れる楽しさであっただけだなと認識し、早晩に私の中から消えていきます。

自分自身の技術が向上していく楽しさ(喜び)
初体験したものが、ある程度経っても飽きる感覚がこない。むしろそれらをもっと上手くやりたいと感じてしまう。そして繰り返し実践する事で上手くなっていく、、、これは私の中で技術向上の楽しみです。その時に感じる楽しさは、皆さんも何らかの経験があるのではないでしょうか。ただ、これらは一定量で向上する物ではありません。停滞したりすると、あっという間に冷めてしまう可能性があります。例えば、私が自分の理想と比較(あまりよくないのですが、、、)して、自分のプレイに不満を感じた瞬間、楽しさは一瞬で消滅します。そして「今やっている事に意味があるのか?」何てことを考え始めたりします。これはこれで有益な事もありますけどね。

本質に近づけたときに感じる楽しさ(喜び)
これは、私にとって一人で感じる事の出来る楽しさとしては、最高のものです。簡単に言えば、全く異なると思っていた現象が、実は同じ原因によるものだったという事に気づくとか、そんな発見に近いイメージです。これは、観察や洞察、実践を続けて、たまにしか得られない楽しさなので、、、それを得たときは極上の喜びを感じます。(笑)  この気づきを今後に活かせるよう工夫しますが、これも得てして忘れ去られることが、ままあります。

似た感覚を持った人と、その感覚を共有できる楽しさ(喜び)
これは私の一方的な感覚ですが、同じセンスを持つ方とご一緒できたときは、あまり表には出しませんが、かなりの楽しさを感じます。ただ、そう感じる事には、めったに出逢えないのが現実です。。。

常に楽しむために

こうやって、自分自身の楽しさを考察してみると、「楽しさ」とは、すなわち「喜び」なのだな〜と実感してしまいます。以下に、それぞれの楽しさの分類について、常に楽しむためにどうしたらよいかを改めて見直し、今後に活かすための備忘録としてまとめました。

初めて、もしくは久しぶりに体験する楽しさ(喜び)
大切なのは、初体験の時の感覚や、感動を思い出す事でしょうか。楽器に触れたときのイメージや、初めて楽器を買ったときの喜び、そうする事で、新鮮な感覚が蘇り、楽しさが湧き上がる気がします。「初心わするべからず」というのはそういう事なのかもしれません。新しい楽器を買うという事も、結局この楽しさを求めているのかもしれませんね。裏を返せば、意識改革で、今もっている楽器でも、とても新鮮に感じる事ができるかも、とも思っています。

自分自身の技術が向上していく楽しさ(喜び)
これは、やはり観察や洞察、実践を繰り返していく事かなと、、、そして継続するための本質に一喜一憂しないという事がありそうです。私も上手く行かないときは、本当に自分を責め始めて、落ち込む事が多々あります。ちなみにイチローさんは、打率ではなくヒット数に着目する事で気持ちのブレをなくすように努めているのではないかという記事を読んだ事があります。少し古い記事ですが、時折私は見返しています。イチロー、4000安打生んだ「逆転の発想」

本質に近づけたときに感じる楽しさ(喜び)
これも、やはり観察や洞察、実践を繰り返していく事かなと、、、余計なマイナスの感情に囚われずに、本質はどこにあるのか?肉体的な問題よりも、精神的な問題による影響がないか?とか、ひたすら本質を目指す事で、忘れた頃にポンと「気づき」に出会える気がします。

似た感覚を持った人と、その感覚を共有できる楽しさ(喜び)
これは出会いしかありませんね。(笑) 最近、あまり人様のセッションに行っていないので、そういったところから改めて始めて見たいと思います。

つい、日々のループ的な生活に追われて、気づくと忘れてしまいそうになる楽しさ(喜び)も、実は日常の中に山のように転がっているのかもしれません。大切な事はやはり気づく事でしょうか。その感覚を忘れないように、楽しく生きたいと思います。(笑)