【TOMまつを】自分自身を改めて見つめ直す

CIMG1299

おはようございます。TOMです。

本日の朝9時の東京の気温は、3.3度。冷蔵庫並みになってきました。昨日は無事イベントを終えて、ほっと一息。美味しいお弁当を頂いて、身も心も満足でした。美味しい物は人を幸せにしますね。
さて本日は、最近実施している「自分自身を改めて見つめ直す」という事への考察です。

結果はすぐに現れない

最近、幾つかの新しい試みにチャレンジしています。昔やっていた教本の手つかずだった部分を改めてやってみたりとかいうことです。こういうことをやりながら自分自身の心の動きを客観的に観察すると、自らが自身の行動に対する「良い結果」を、即、求めている事が本当によく分かりました。

人様には「結果はすぐについてこないよ」なんて偉そうに言いながらも、自らも即効性のあるよい結果を無意識に期待しているんですね。「結果をすぐには求めず、小さな事を積み重ねていく」、、、そんな考えは十分に理解していたつもりですが、「結果をすぐに求める」習性が、深いところに巣くっていて、拭いきれていない感じです。幼い頃に、テストで良い点数をとるとか、目標の大学に入るために努力したとか、明確な結果が見える努力という物に、心底慣らされてしまっているのでしょう。

即、良い結果が出るという事は、分かりやすいし、自分自身が優秀であるみたいな感覚を得る事が出来るので、つい求めてしまうのでしょうね。でも現実はそう甘くはありません。。。

ありのままを受けいれる

どんなに気をつけていても、体調や気分には良し悪しが生じます。また、自分以外の外的要因で思いがけない問題が発生する事なんて比較的よくあることです。そんな中では結果を出すどころか、落ち着いた精神状態さえ導けないときもあります。そんなときは一瞬にして、その時やっている作業をやめたくなってしまう、、、手につかなくなるといった方が正しいです。なんとか自分を勇気づけたり、むち打ってやり続けても、結果は必ずしもよくなりません。むしろ悪化していきます。そんなときは余計な感情を入れず、ただその現状を受けいれる訓練をしています。

大切なところは自分で自分を逐一評価しない、、、私にとってそれがありのままを受けいれるということです。何故か気分が落ち着いてきます。

改善点を探る

次の一手は、何故上手く行っていないのだろう?と考えます。この精神状態になると、少し楽しみが出てきます。実験に近い感じです。あれこれ試しながら、改善点を探る、、、このときは何故か即効性を求めません。一種の探求ですね。この状態に入る事ができれば私的にはOKです。その日に解決策が出なくても、問題点を書き留めておく事で、ちょくちょく思い出しながら試行錯誤しているうちに答えが出てきます。

それを結果というのかどうかは現時点では分かりませんが、物事が上手く行かなかったときに、取り急ぎ一旦落ち込んでおいて、次にこの課程にはいる事ができるように持ち直すようにしています。(笑)

継続は大事ですが、単なる現状維持に陥ってしまう事もあります。願わくば向上し続けたい、、、継続に改善を加える事で、自然とやる気に満ちてきます。
改善点を見つけるには、とにかく継続しながら観察すること、子供の頃の理科の授業みたいな感じでしょうか。その上で些細な変化に気づく事が私の中で一番大事だと思っています。